介助犬を支援する

介助犬を支援する

みなさんからのご支援でできること

介助犬の育成には、
1頭につき約250万円の費用がかかります。

パピーの頃から毎年の健康診断などの医療費、フード代や犬具などはもちろんのこと、全国の介助犬希望者に対応するための交通費など、諸経費が必要です。

介助犬育成のための費用の90%以上が皆さまからの
ご寄付で成り立っています。

その犬たちの健康診断・ワクチン接種・治療費といった健康管理のための費用や犬舎管理の費用、訓練のための交通費などはすべて皆さまからのご支援で成り立っています。

介助犬は障がい者の心もサポートします。

介助犬は、介助犬使用者の方の手足となって物理的なサポートするだけでなく、生活をよりアクティブにし、人生をより豊かなものにしてくれる力を持っています。私たちは、使用者と介助犬との心が通い合っているペアの誕生に力を入れています。

障がいがあってもなくても自分らしく生きられる社会を今から一緒に作っていきませんか。

“人にも動物にもやさしく楽しい社会を目指して”。

ご支援でできることをもっと詳しくご紹介!

1,000円で、
訓練犬3頭の
シャンプーができます。

3,000円で、
訓練犬1頭の畜犬登録と
マイクロチップ登録が
できます。

5,000円で、
介助犬1頭のケープが
作れます。

10,000円で、
訓練犬1頭のワクチン接種が
できます。

20,000円で、
訓練犬1頭の1か月分の
フードが買えます。

ご支援いただく方法

金額を自由に決めていただけるご寄付と継続的にご支援いただく会員などがあります。
ご希望に合わせてお選びください。

PAGE TOP