日本介助犬協会を支援する

介助犬について

About service dog

介助犬は、手や足に障がいのある人の
日常生活動作を手助けします

介助犬は肢体不自由者の手足となり、日常生活における動作の補助をします。
さらに、介助犬と暮らすことによって、一人で外出することの不安が軽減された、
家族が安心して外出できるようになった、などの2次的効果もあり、
介助犬を通して社会とのつながりがより深くなることが期待できます。

介助犬使用者の声

Interview
介助犬利用者に聞く、介助犬との暮らし。

日本介助犬協会について

About the association

人にも動物にもやさしく
楽しい社会をめざして

介助犬とともにいつでもどこでも一緒に暮らせる地域共生社会の実現を目指します。
犬の可能性を信じ、一人ひとりのニーズに寄り添って歩む、
人と犬をつなぎ、和を創るプロフェッショナル集団です

日本介助犬協会への
ご支援について

About support

介助犬の育成には、
1頭につき約250万円の
費用がかかります。

パピーの頃から毎年の健康診断などの医療費、フード代や犬具などはもちろんのこと、
全国の介助犬希望者に対応するための交通費など、諸経費が必要です。
介助犬育成のための費用の約90%が皆さまからのご寄付で成り立っています。
ぜひご支援をよろしくお願いします。

法人・団体会員一覧

Members list